ノンフィクションから小説へ好みが変わりました

私、今まではノンフィクションしか興味がわかず、小説なんて読んだことがないぐらいでしたが、少し前から、ふと読んでみたら小説が面白くてはまってしまいました。どうしてノンフィクションしか興味がわかなかったかというと事実だからです。小説はただの作り話だから、こんなに世の中何億人もいるのに、その中のたった一人が作った作り話を読むというのがどうしても興味がわかなかったのです。でも今は小説の面白さを知って、いろいろ面白いのを探して読んでいます。私にとっての小説の良さは、ああこういう生き方もあるのかとか、ああみんな同じこと考えているんだなあという気持ちになれたりするからです。友達がいないので、みんなどういうことを考えて感じているのか分からないから小説でそういったことを同感したり色んな生き方を学んでいる感じです。本の選び方は下半分の帯に書かれた概要を読んで選択しています。サラリーマンをテーマにしたものがやっぱり好きですね。同じ庶民ということで。キレイモ顔脱毛