上記皿てんびんなどについて練習をしました。てんびんは、フラットな席に置いて使います。上記皿てんびんのやり方は、取り扱う前は、うでのナンバーと皿のナンバーを合わせてのせます。針が表現に等しくふれるように統制ねじをあわせます。使った後は、分銅を素材どおりに分銅入れ物にしまう。そして、皿を一方に繰り返します。分銅は重たい賜物からよりのせてつり合わせ、総を勧めます。表現の皿に薬包紙を置きます。決めた質量の分銅をのせます。薬品を少しずつのせていってつり合わせます。次は、電子てんびんのやり方についてだ。何ものせていないときの公開板が0gとなるようにセットしてはかります。薬品を図るときは、薬包紙をのせて、公開板の統計を0にもどします。公開板の統計がはかりとりたい統計になるように、用心深く薬品を薬包紙にのせていきます。次は、メスシリンダーのやり方についてだ。とりあえず、はかりとれる極度数量と1まぶたもりは何立方センチメートルかを確かめます。実に勉強になりました。http://nyota.co/yoyaku/