最近、子供がお気に入りの絵本を見つけました。この絵本は、子供が3才になったので図書館でプレゼントしてくれるというものです。私はこの絵本はまだ子供には早いかな、とも思ったのですが、私が読んであげることで子供はとても気に入って毎日のように絵本をみるようになりました。その絵本の名前は、「しょうぼうじどうしゃじぷた」という乗り物の物語の絵本です。この絵本は図書館協議会選定の絵本ですので、内容的には優れています。けれども、まだ自分の力で読むというのが難しいので、大人のかたが読んであげるといいと思います。毎日のように読んでいると、子供は「これなに?」と色々なものに興味をもって来るようになります。そういうときに子供に答えてあげると、子供の考える力が強くなると思っています。私はこれからも子供に沢山の愛情を注いであげたいと思っています。みなさんも、お子さんに絵本を読んであげる習慣をつけるといいと思いますよ。心が育つと思います。