主人公たちは、次に、訓練場に向かい、たどり着きます。そこには、専門の師範なども、もちろんいて、86歳です。この物語だとどういうわけなのか、84歳とか、86歳とかの老人が、多く、ちなみに偶数なので、ちなみに、数字として2で割れる数字となります。84歳の、8と4を、足すと、12になります。それが、何なんですかとか、言われても、少し、困るのですが、数字は、1から、2になり、3になりと、1つづつ数えるたびに、上がります。その師範の、名前は、東り山銅三郎となっています。名前の文字の4個目が、三で、ちなみに、偶数なのか、奇数なのかの、話をする場合に、2で割れない数なので、奇数となります。それを、半分にすると、小数点というものを、用い、表現するなら、ちなみに、1.5となります。主人公たちは、その訓練場で、訓練を、受ける者の、数を、数えると、12人となり、ちなみに、偶数の2で割れる数に、値します。その中で、2流になれるものが、師範の判断により、選ばれます。主人公たちは、即戦力と、認められているので、その訓練を、受ける立場にありませんミュゼ 店舗移動